×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

Home > Picture&camera > 8-270mmの焦点距離

 

 

line

Picture&Camera

 

8-270mmの焦点距離 35ミリ換算で約12mm-405mm

D7000にSigma8-16mmのレンズとTamron18-270mmのレンズを装着して8-270mmの焦点距離でどれほどまでが写るかまとめてみました。
D7000.D7100.D5200等といったAPC-Sのカメラでは標準の焦点距離が35mmということですのでそれと比較して貼っていきます。

撮影機材 D7000 SIGMA8-16mm
35
広角すぎて三脚を立てている位置からでは手すりを写らないようにすることができませんでした^^;
一番手前の二本の木は5~10mぐらいのところにありましたが、8mmではかなり遠いように感じます。

10
8-10mmでたった2mmの違いですが上と比べますとかなりズームしたように感じます。広角側での1mmの差はかなり大きいですね。

1235

1435

1635
広角になるほど1mmの焦点距離の差が大きくなるのがわかります。8mmだと驚くほど広範囲を画面に入れることができます。

D7000 TAMRON18-270mm
1835
ここからはレンズを変えました。18mmでもまだまだ広いほうです。

35
この焦点距離が標準であるといわれるのは被写体の大きさが相対的に肉眼で見るのと変わらないぐらいに見えるからだそうです。35ミリ換算では50mmとなります。

5035
ここからは望遠よりの世界になります。

7035
このあたりまでは中望遠でポートレートに向いています。

11035
一番手前の二本の木のうち左側が見えなくなりました。ズームによって枯れ木と後ろの森の距離感が縮められる、圧縮効果が目立ち始めます。

14035

20035

27035
200mmと270mmの望遠の差は結構大きいです。

8-500mmで月を撮ってみた はこちら

 

line2

 

トップページへ戻る Picture&Cameraへ戻る ページの上に戻る